ビジネス部

17

【ツイッターでトレンド】世界一恐れを知らない動物「ラーテル」と、みんなが知りたい教養雑学

ツイッターでトレンド入りしている話題の動物「ラーテル」。

この『東洋経済オンライン」の記事の元ネタはこちらの本。

99%の人が、なんとなく知っていそうで知らない世界の雑学を集めた、イギリス『BBC』発のベストセラーです。

さて、ギネスブックにも「世界一恐れを知らない動物」として、最強認定されている「ラーテル」。

好物はハチミツと毒ヘビ。ものの15分でたいらげます。

ワニやトラ、ライオン、

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
5

遊びにいくと楽しそうな太陽系の惑星は、どこ?【#頭のいい人のセンスが身につく世界の教養大全】

――火星への移住をもくろむ人もいるようだが……。

小社刊『頭のいい人のセンスが身につく世界の教養大全』(ロイド&ミッチンソン/大浦千鶴子・訳)から、読みどころを厳選! 数回に分けてnoteで公開します。本書は、イギリスで10年以上にわたって、ロング&ベストセラーの一般教養の本。「生物」「科学・技術」「生活」「文化」「自然・地理」の5章立てで、世界中の新事実を紹介。「わたしたちの多くが常識だと思っ

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
6

サメはどうやって人間をかぎつけるのか?【#頭のいい人のセンスが身につく世界の教養大全】

――まさか海水浴をしていて襲われる、なんてことは……。

小社刊『頭のいい人のセンスが身につく世界の教養大全』(ロイド&ミッチンソン/大浦千鶴子・訳)から、読みどころを厳選! 数回に分けてnoteで公開します。本書は、イギリスで10年以上にわたって、ロング&ベストセラーの一般教養の本。「生物」「科学・技術」「生活」「文化」「自然・地理」の5章立てで、世界中の新事実を紹介。「わたしたちの多くが常識だ

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
5

【え!?本当!?】アメリカやイギリスの公用語は英語ではない!?【#頭のいい人のセンスが身につく世界の教養大全】

――当然、英語に決まっているのでは?

小社刊『頭のいい人のセンスが身につく世界の教養大全』(ロイド&ミッチンソン/大浦千鶴子・訳)から、読みどころを厳選! 数回に分けてnoteで公開します。本書は、イギリスで10年以上にわたって、ロング&ベストセラーの一般教養の本。「生物」「科学・技術」「生活」「文化」「自然・地理」の5章立てで、世界中の新事実を紹介。「わたしたちの多くが常識だと思っていることは

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
2

世界初のコンピュータをつくったのは、誰か?【#頭のいい人のセンスが身につく世界の教養大全】

――そういえば、誰だろう?

小社刊『頭のいい人のセンスが身につく世界の教養大全』(ロイド&ミッチンソン/大浦千鶴子・訳)から、読みどころを厳選! 数回に分けてnoteで公開します。本書は、イギリスで10年以上にわたって、ロング&ベストセラーの一般教養の本。「生物」「科学・技術」「生活」「文化」「自然・地理」の5章立てで、世界中の新事実を紹介。「わたしたちの多くが常識だと思っていることは、だいたい

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
6

1人でも部下を持つ人必見‼『#フェイスブック流 最強の上司』「はじめに」全文を公開します

世界の「ビッグ4」「GAFA」と称される巨大企業のひとつ「フェイスブック」。

「フェイスブック」の創業は2004年。ほんの15年ほど前は、アメリカに数多あるIT系スタートアップ企業のひとつにすぎませんでした。

その草創期に、インターン1期生として採用された女性がいます。それが本書の著者ジュリー・ズオ。

その後、25歳で管理職に抜擢された彼女は、やがて「フェイスブック」という大組織のデザイン部

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
14

名画に隠された人々の奮闘を読み解くーー公認会計士が見た世界史の舞台裏へ

宗教画は中世のパワポだった!?

いま、苦境に立っている方も多いと思います。明日をどう生きるか。それぞれに知恵を絞っていることと思います。かのニュートンは、17世紀のペスト大流行でケンブリッジ大学が休校となり、田舎に帰って隔離休暇を過ごすなかで万有引力の法則をみつけたそうです。世の中、何があるかわかりませんね。

さて、田中靖浩さんによる『名画で学ぶ経済の世界史ー国境を越えた勇気と再生の物語ー』の

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
12

絵画には経済再生のヒントが隠されている!--人気の公認会計士がいますぐ読者へ届けたかった勇気と再生の物語

絵画を通して危機に負けなかった人々の奮闘ぶりを伝えたい

「クライアント対応で、執筆の時間がありません」。
そのメールが担当Sへ届いたのは、新型コロナの感染拡大が深刻になりはじめた2020年3月。発信者は公認会計士の田中靖浩さん。公認会計士の仕事は正直よくわからないが、コロナ禍で経営困難に陥っている人が頼る相手といえば・・・。短いメールから張り詰めた緊張感が伝わってきた。

しばらく経ってから次の

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
17

『1分自己肯定感』どうすれば自信が持てる? #自己肯定感 が高まる? メンタルが豆腐の私でもできた、毎日の小さなコツを紹介!

自己肯定感が低いときは、何をやってもうまくいかないもの。

だれもが経験しますよね?

自己肯定感が低い → 踏み出せない → おっかなびっくり中途半端な仕事をする → 残念な結果に終わる → 自己肯定感が下がる

という無限ループにおちいりがちです。

自己肯定感を上げるためには「ありのままの自分にOK」を出せるかどうか、ということがカギになるといいます。

「いいところ」も「ダメなところ」も丸

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
9

ルネサンスはペストと経済危機からの再生だった!ーー人気の公認会計士が「美術」と「経済」の知られざる関係を解き明かす。

人々の知恵と工夫が経済を動かし、さまざまな困難を乗り越えてきた! 大人気の公認会計士・田中靖浩さんが名画を通して読み解く画期的な世界史入門『名画で学ぶ経済の世界史ー国境を越えた勇気の再生の物語ー』。今まで美術に興味がなかった方も、経済に疎かった方も、名画に隠されたさまざまな史実に大興奮必至。発売前ですが、予告編としてプロローグを全文公開します!

プロローグ ペストとルネサンスと虹と

 その船が

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
23