スープ弁当いろいろ

7
お昼ごはんの新習慣「スープジャー」の、基本の基本。

お昼ごはんの新習慣「スープジャー」の、基本の基本。

今シーズン最初のスープ本が、マガジンハウスから本日発売されます! タイトルは『朝10分でできる スープ弁当』。 そうです、スープをお弁当に持っていきましょう、というご提案です。 保温できるミニ魔法瓶みたいなスープジャー(1千万個売れているんですって。驚き)にスープを詰めて持っていくのがスープ弁当です。 スープジャーはスープの温かさをキープしてくれるだけでなく、なんと、具材をジャーの中で保温調理してくれます。朝10分以内でサッと煮るだけで、お昼には具だくさんのスープができて

スキ
513
『朝10分でできる スープ弁当』がベストセラーになるまでの販売戦略

『朝10分でできる スープ弁当』がベストセラーになるまでの販売戦略

昨年10月刊行の『朝10分でできる スープ弁当』(有賀薫・著)が発売から3ヶ月という、料理書として異例のスピードで10万部に到達しました。今回はベストセラーの裏側にある販売戦略に迫ります。 まずは、編集担当の話。料理書をはじめ、生活・暮らしまわりの本をこれまで多数手がけてきました。 ◆コンセプトと表紙 編集担当:和田 スープジャーの機能に可能性を感じ、スープ作家として毎日スープを作っておられる有賀さんに相談しました。 数年前のブームを経て、今回初めてジャーを使ってみたので

スキ
35
『朝10分でできる スープ弁当』表紙画像フォトギャラリーにあげました

『朝10分でできる スープ弁当』表紙画像フォトギャラリーにあげました

noteの中で広くみなさんに知っていただけますように、自由に使っていただけますように、『朝10分でできる スープ弁当』(有賀薫・著)の表紙画像を「みんなのフォトギャラリー」にアップしました。表紙画像入りで、スープ弁当のことをnoteに書いていただけましたらうれしいです。

スキ
7
鍋を使わず、スープジャーでスープを作る方法

鍋を使わず、スープジャーでスープを作る方法

スープジャーを使い始めてみようという方向けに、本には入りきらなかった便利な使い方などを少しずつご紹介していけたらと思っています。 スープジャーには「保温調理機能」があります。余熱で食材に火を通す方法です。加熱し続けないから光熱費の節約になり、仕込んでしまえば放っておいてもいいので調理の時短にもつながります。 今日はその機能を使って、鍋を使わずスープを作る方法を紹介してみますね。 鍋いらず、かぶと舞茸、ソーセージの和風スープ まずはスープジャーをあたためます。ジャーに熱

スキ
391