鉄路の果てに

11

シベリア鉄道の車窓から。旅のお供は腐れ縁の相棒とサントリー角瓶

2019年1月、極寒のシベリアに向かった男が二人。一人は『桶川ストーカー殺人事件 遺言』や文庫Xでも話題となった『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』で知られるジャーナリスト清水潔。もう一人は北京支局長などを歴任した元テレビマン、現在小説家として『消された文書』『潔白』といった社会派作品を世に送り出す青木俊である。

二人の馴れ初めについては、清水潔の最新刊『鉄路の果てに』を

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
24