見出し画像

武田砂鉄さんが、酒井順子さんが、安田浩一さんが、読んだ一冊。

・『殺人犯はそこにいる』などの著書で知られるジャーナリスト清水潔さんの最新刊『鉄路の果てに』。これまでに掲載されたレビューや著者インタビューをまとめました。

レビュー

・武田砂鉄さん「父が遺した言葉胸に戦争たどる」朝日新聞2020年6月27日朝刊

・酒井順子さん「私の読書日記」週刊文春7月16日号


・安田浩一さん「戦中の日本の欺瞞は鉄路に刻まれていた」週刊現代2020年7月18日号

・Bookウォッチ編集部「ロシアはバイカル湖の氷上を走る鉄道をつくろうとした!」2020年6月28日

・日刊ゲンダイ 2020年7月8日


・産経新聞「編集者のおすすめ」2020年5月23日

・週刊東洋経済2020年7月4日号


・ツイッターでも

著者インタビュー

・週刊ポスト2020年6月18日号

・小説野性時代2020年7月号

こちらで、インタビューを読めます→小説野性時代インタビュー「この本に注目!」

・AERA 2020年7月20日号

・日刊サイゾー2020年6月20日

・文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」に著者出演 2020年7月6日


・『鉄路の果てに』内容紹介についてはこちら
・写真で巡る韓国・中国・ロシアの旅はこちら
・冒頭8000字の試し読みはこちら
・「本には無いまえがき」はこちら
・矢部宏治さんと清水潔さんの対談はこちら
・書店員の皆様のコメントPart1はこちら
・書店員の皆様のコメントPart2はこちら
・清水潔が選ぶノンフィクション7選フェア開催店についてはこちらをご参照ください。

アマゾン以外はこちら

嬉しいです。ありがとうございます。
9
マガジンハウス書籍部です。新刊・既刊に関するご案内・面白い読み物をお届けしたい。「試し読み」も続々更新予定です。https://magazineworld.jp/books/

こちらでもピックアップされています

鉄路の果てに
鉄路の果てに
  • 13本

清水潔『鉄路の果てに』に関するマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。