見出し画像

大好評『ミウラさんの友達』(益田ミリ)書店員の皆様の感想をお届けします。第二弾!

マガジンハウス書籍部
【未来屋書店高の原店 元尾さん】
たったひとり味方になってくれる人がいればそれでいい。
簡単なようで、ままならない。
同じように相手に思ってもらえないのは怖いから。
けど、やっぱり誰かといたい。
人生の不思議な時間が新しい勇気を連れてくる。
どんな言葉を、どんな時間をこれからはじめようか?
人に接することに臆病になっている人に届いたらいいなと思いました。
【ふたば書店つかしん店 宮田さん】
知り合いや、気の合う友達はいても、親しい友は、なかなかつくれないなぁ。
話が合うのはもちろんだが、しゃべらなくても同じ空間にいるのが苦にならないそんな存在なのかなぁ。
それは男女でも同じなのかな。
トモダチという名のロボット。
4つだけ覚えている言葉。
1つだけ覚えさせられる言葉。
あなたなら、どの言葉を覚えさせますか?
日々の暮らしのなか、何が大切なものなのかを気付かせてくれる本です。 

【有隣堂藤沢店 佐伯さん】
近い未来に、“AIと友達になる”なんてことが、起こりそうだ。 
でも、本当の友達は、誰であろうと、こんなふうに優しい関係を築ける相手なのだろうなと読んでいて、ほっこり思いました。
ミリさん、やっぱり、最高です!大好き!
【BOOKS隆文堂 髙橋さん】
ロボットの友達という斬新な設定ですが、ほのぼのとしたストーリーでもあり、心がほっこりしますね。
後ろにあるロボット作者の兄妹愛も良いです。
私も1人「トモダチ」欲しいかも。
5つの言葉で友達関係が成り立ってるのが面白いです。私なら最後の1つ、設定する言葉は何にしようか迷います。
でも人間の友達が沢山いるから、「トモダチ」には寂しい思いをさせちゃうかもしれませんね!
装丁もイエローとピンクで温かさが感じられる色調です。
【朗月堂 須藤さん】
早速読ませていただきましたが、とても心温まる素敵な作品でした。
装丁もとても素敵ですね。

感想を送ろう!キャンペーン開催中です。詳細は下記より。

冒頭の試し読みはこちらより(読後、冒頭のシーンがじわじわ感動につながります)。

本の詳細はこちらより


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!