見出し画像

その健康法は本当に正しい? “病気の専門家”が教える、科学的に正しい「知識」と「習慣」――『病理医が切実に伝えたい病気の仕組みと予防の正解』(峰宗太郎)


「病気の専門家=病理医」が伝えたいこと

「焦げを食べるとがんになるって本当?」「打ったほうがいいワクチンと打たないほうがいいワクチンがある?」「免疫を高めることってできるの?」……こうした病気や健康に関する素朴な疑問をTwitter(現・X)で10万件以上回答してきた峰宗太郎先生。

数多くの質問に答えていく中で、「医学の世界ではよく知られているけれど、一般の人たちが知らない情報や知識」がたくさんあることに気づいたそうです。

そんな峰先生の新刊『病気の仕組みと予防の正解』では、「病気の専門家=病理医」である峰先生が一般の人たちが知っておくべき「病気の基礎知識」と「科学的に正しい予防法」を紹介しています。

● 良性と悪性の違いは「命に関わるかどうか」
●「がん」と「癌」と「ガン」の違い、知ってますか?
● 薬は「効果」と「副作用」を天秤にかける
● メンタルは「気合いと根性」では守れない
●「病気の治療」を人生の「目的」にしてはいけない

……など、読んだその日から役に立つ情報が盛りだくさんの一冊です。

最後に峰先生からメッセージです!

私の著書『病気の仕組みと予防の正解』では「病気」についての基礎知識と、「予防」についての具体的な方法をまとめました。
私はこれまで病理医として、病気で亡くなった方々を200例以上解剖してきました。
そのたびにいつも思うことがあるのです。
「手遅れになってしまう前にもっとできることは、たくさんあったかもしれないのに……」と。
その切実な思いが執筆の動機になりました。
この本から、「健康を自分で守る」術を学んでほしい。そう願って一生懸命書きました。
書店で見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。

『病理医が切実に伝えたい 病気の仕組みと予防の正解峰 宗太郎 著


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでも情報を随時更新しています。よろしければこちらもフォローお願いします! 面白い本の情報目白押しです!