小学生向け学習マンガ『#つかめ!理科ダマン』の中毒性。29億PV(!)を記録した科学マンガが、子どもたちを沼らせているようです。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

小学生向け学習マンガ『#つかめ!理科ダマン』の中毒性。29億PV(!)を記録した科学マンガが、子どもたちを沼らせているようです。

先日こちらの記事でご紹介した、小学生向け学習マンガ。

なんと、韓国のウェブマンガで「29億PV」、単行本シリーズ「80万部」を記録したというモンスター級のマンガなのですが…。

ちょうど夏休みの今、リアル書店さん、ネット書店さんで発売中☆

↓ 気になった方はリンクをご覧くださいね(あからさまな宣伝)。

といっても、出版社のnoteが、いくら「売れてますよ」「おもしろいですよ」とオススメしても、本当にいいのかどうかはわからない。

だいたいアメリカの小説なんて、帯に「全米が泣いた」ってキャッチコピーが書いてあって、全米いったい何人やねん……とツッコミたくなる。

じゃあ、本当のところ、どうなのと。もっとも重要なのは「読者の皆さまのリアルな反応」です。

ためしに、担当編集のまわりのキッズに読んでもらいました。

それがこちら。

あおちゃんみーちゃん

……というか、離さない。

一心不乱とはこのこと。他の本にはこんなに興味を示さないのに。

なぜだ。

あおちゃん

………。

コロナ禍の夏休み。ずっと家にいて、体力があり余っているお子さんも、このとおり。

韓国でも「この本を読んでいるときだけは静か(笑)」「この本が届くと、きょうだいで奪い合いになる」、「『次のシリーズはいつ出るんだ』と出版社に問い合わせが殺到する」などで、超ド級のヒットを記録したわけですが……??

シン

VRゲームを自作したり、身近な素材でイタズラを仕掛けたり、宇宙にロケットで飛んでいったり……マンガの中の世界は無限大。破天荒なキャラクターたちと一緒に、小学校で習う「科学のギモン」が、楽しく学べます。

ぜひ、書店さんでもお手にとってみてください!



この記事が参加している募集

読書感想文

嬉しいです。ありがとうございます。
マガジンハウス書籍部です。新刊・既刊に関するご案内・面白い読み物をお届けしたい。「試し読み」も続々更新予定です。https://magazineworld.jp/books/