見出し画像

またリピートしたくなる「桃のグラタン」とは? ――伝説の家政婦・志麻さんの“ステイホーム”応援プロジェクト! 子どもが大喜びする超簡単デザートを紹介します。

家にこもりっきりでストレスを溜め込みがちな今日この頃。お子さんも、お友達と遊べなくて、エネルギーが余っていたりしませんか? こんな時こそ、みなさん、お菓子作りです! 一緒に材料を計ったり、混ぜたりして、出来上がる時間を待つのも絶対に楽しい。

そこで今日は、伝説の家政婦として注目を集める志麻さんの「桃のグラタン」を伝授しちゃいます。
(実は、数日前、編集部に「もう何回も作っています。すごく簡単なのに、子どもたちがすごく喜んでくれるから」とメッセージをくださった方がいます。その声を受けて、今回はこちらのメニューに!)

「桃のグラタン」は、桃缶の桃を器に並べて、卵黄、生クリーム、グラニュー糖を混ぜ合わせた生地を注いで、オーブンで焼くだけ。生地がカスタードプリンのように仕上がって、すっごく美味しいんです。

桃缶なら買いだめしておけるし、このシンプルレシピを覚えたら、それはリピートしたくなりますって。本当に。焼きあがるまでに15〜20分というのも、ちょうどいい感じ。

さあ、その気になってきたでしょうか。以下がそのレシピです。

桃のグラタン

材料(2〜3人分)
桃(缶詰) 1缶
卵黄    2個分
生クリーム  100cc
グラニュー糖  25g
下準備
オーブン予熱  200℃
*先にオーブンをセットしておくと、効率的です!

作り方

 ボウルに卵黄、生クリーム、グラニュー糖を入れる。

画像1

 泡立て器でよく混ぜ合わせる。

画像2

7分立て(泡立て器で持ち上げると、もったり重たいけれど、ツノが立たず、すじが残るくらい)に。

 缶詰から桃を取り出し、耐熱容器に並べる。

画像3

 の生地を流し入れる。

画像4

 オーブンで焼く。200℃/15分〜20分

オーブンの温度と時間は目安です。機種によって熱の加わり方が違うらしいのですが、だいたいでOK。「高温で短時間で焼く」のがポイントだそう。志麻さんからのアドバイスです♪

では、みなさん、楽しく“ステイホーム”を乗り切りましょう!

(担当より)

ちなみに、本レシピが載っている本の詳細はこちら


嬉しいです。ありがとうございます。
29
マガジンハウス書籍部です。新刊・既刊に関するご案内・面白い読み物をお届けしたい。「試し読み」も続々更新予定です。https://magazineworld.jp/books/

こちらでもピックアップされています

志麻さんと一緒に作ろう
志麻さんと一緒に作ろう
  • 11本

伝説の家政婦・志麻さんのレシピを、少しずつ紹介していきたいと思います。担当が聞きかじった料理まわりの楽しいエピソードもお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。