見出し画像

おうちごはんを格上げ!何度でも食べたい絶品レシピ「鶏肉のコンフィ」――伝説の家政婦・志麻さんの“ステイホーム”応援プロジェクト!

家にこもって、社会貢献中のみなさん、伝説の家政婦・志麻さんの絶品レシピを試してみませんか? リモートワークの息抜きにキッチン仕事を組み合わせて、ストレスも解消! おいしいものを食べると元気になります。伝説の家政婦・志麻さんによる“ステイホーム”応援プロジェクト、開催中です。

――志麻さん、今日は何にしましょうか?

「鶏肉のコンフィはどうでしょう? 外側はパリッとしてて、中身はふっくら。とってもおいしいですよ」

――コンフィ! お店で食べるものだと思っていたんですが、自分で作れるんですか? 

「はい。コンフィは低温の油でゆっくり火を通して、風味豊かに仕上げる調理法のひとつなんですが、フランスの家庭ではよく作られる定番料理なんですよ」

――あ、もしかして志麻さん、テレビで作っていませんでした?

「そうですね(笑)」

――た、食べたいです。ぜひ、教えてください!

というわけで、時間だけはたっぷりある。おうちごはんに飽きてきた。おいしいものを食べて気分転換したい。いずれかに当てはまる方はぜひお試しください(笑)。

鶏肉のコンフィ

材料(2〜3人分)
鶏肉(手羽元) 8本 
タイム 少量 
ローリエ 1枚 
にんにく 1片 
塩 小さじ1 
こしょう 少々 
油 適量

 鶏肉はキッチンペーパーでしっかり水分をとり、塩とこしょうをふって、よくもみ込む。(塩は多めにしっかりふるのがポイント)。

  密閉保存袋に鶏肉、タイム、ローリエ、にんにくを入れて空気を抜き、冷蔵庫で半日ねかせる。

画像4

3  鍋にを入れ、ひたひたの油で煮る。油が温まるまでは中火(70〜85度くらいが目安)。ふつふつ気泡が出てきたら弱火で30〜40分ほど煮る。

↓ 油の中で気泡が大きくなったら弱火にするタイミング。使った油には旨味が溶け込んで風味があるので、炒め物などに再利用を。

画像3

↓ 手羽元の細い部分の骨が見えるくらいになったら、油から取り出すタイミング!

画像2

 フライパンで表面だけこんがりと焼く。

以上です。

ちなみに、志麻さんのキッチンにいつもあるのは、「タイム」と「ローリエ」。スーパーではいろんなハーブが売っていますが、志麻さん曰く「この2種類あれば十分」とのこと。煮込み料理の風味がアップし、味に奥行きが出るそうです。いつもの洋食がワンランク上の高級感ある味に仕上がるので、よかったらみなさんもお試しを。いつものカレーも一味違ってきますよ!

画像1

なお、本レシピ以外にも志麻さんのレシピを試したい方は、こちら

https://books.rakuten.co.jp/rb/15441991/



嬉しいです。ありがとうございます。
21
マガジンハウス書籍部です。新刊・既刊に関するご案内・面白い読み物をお届けしたい。「試し読み」も続々更新予定です。https://magazineworld.jp/books/

こちらでもピックアップされています

志麻さんと一緒に作ろう
志麻さんと一緒に作ろう
  • 10本

伝説の家政婦・志麻さんのレシピを、少しずつ紹介していきたいと思います。担当が聞きかじった料理まわりの楽しいエピソードもお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。