見出し画像

『 #愛の不時着 』で涙腺大崩壊している人に読んでほしい、絶対にドハマりする韓国の本

みんな、ジョンヒョク・ロスで生きる目的を失っていませんか…?

朝起きたら、ジョンヒョクがコーヒー豆を釜から炒って、はにかんだ笑顔で淹れてくれたりしませんかね…?

残業続きで、1歩も動けないほど疲れきった日に、「今度は香りがするやつだ」って、キャンドル持って迎えにきてくれたりしませんかね…?

私の涙腺を崩壊させた落とし前をつけてほしい……。

なんの話かというと、ネットフリックスで配信されているオリジナル・ドラマ『愛の不時着』、ご覧になった方も多いと思います。北緯38度線を超えた奇跡の愛が、全女子を泣かせている大ヒット作。

この記事を書いている私(編集N)は、じつは普段からドラマじたいをあまり観ない女でして、周囲から「『愛の不時着』はヤバいから観ろ」という声が漏れ聞こえるたびに、完全にこういう態度でした ↓

「いやいや、そんなわけないやろ。だいたい日本のドラマすらダルくて最後まで観られない私がハマるとか、絶・対・に・な・い」

ところが、ほんの出来ゴコロで観はじめたら、このザマです。

ニワカもいいところ。……本当にごめんなさい。

きっと、同じ気持ちを抱えて毎日をお過ごしのみなさん、こんにちは。

前置きが長くなりました。

今日、ご紹介するのは、その韓国で、なんと50万部の大ベストセラーになった本。

単純計算して、韓国の人口は日本の半分ほどですから、日本で考えると「ミリオンセラー」に匹敵します。

それがこちら。

著者のハ・テワンは、作家であり、詩人。才能にあふれた若い男性作家さんです。

SNSで支持を集め、詩集『#君に』(未邦訳)でデビュー。

2作にあたる本作は、韓国の大ヒット恋愛ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』(パク・ソジュン、パク・ミニョン主演)の重要シーンで使用され、「あの素敵な本は、何!?」と、たちまち話題になりました。

まさに、女子のハートを一瞬で打ち抜くような、甘く、どこまでも切ない愛の詩に、全韓国が泣いた……!! のです。

おいおい。

ここまで本記事をお読みくださって「いったいこの本と『愛の不時着』、どう関係あんの?」って思われたみなさん!

ちょっとお待ちください。

中身、ちらっとお見せしてみますよっと。

1すべきみ

すべきみ2

深夜2時に、会いたい人に会いにきてほしい人生だった……。

すべきみ3

弾いて……、弾いてくれ…。私のとなりで……。

すべきみ4

あのいい声で言われたい!!言われたいんや!!

「ただ、その人が好きだから」という必殺のパワーワード

すべきみ5

待って……! 苦しい……! ひっひっふー!! 切なすぎて、呼吸ができない……!

それで、極めつけは、タイトルにもなっているこちら。

すべきみ6

ぐ、ぐふう……っっ……(吐血)

本書で、描かれる世界観はまさに、韓国ドラマのロマンチックな恋。

繊細で、美しく、清らかで……そして、ときどき温かく、痛々しいほど悲しく。

まるでドラマの中のセリフかと思うような甘く切ない言葉が、いたるところにちりばめられています。自分が編集を担当した本でありながら、冷静には読めません。

ええ、もちろん私は、ジョンヒョクを脳内再生しながら読んでいますとも……。

ありがとう、ありがとう、これで白ごはんが3杯くらいおかわりできるよ…。

じつは、韓国で大ベストセラーになった本だけあり、あのアイドルグループ「SHINee」のメンバー・オニュさんも愛読していると、ファンのみなさんのあいだで話題に。

2019年には、韓国でミュージカル化され、こちらも大好評を博しました。(日本でも今年の春にSE7ENさん、ユナクさん(SUPERNOVA)、ソンジェさん(SUPERNOVA)の主演で、公演が予定されていましたが、残念ながらウイルス禍で延期になっています〈涙〉)

……と、話題は尽きない本作。

今まであまり韓国のポップカルチャーに触れる機会がなかったなあ、という方でも、気軽に手に取っていただける本だと思います。

近年、韓国の本は数多く出版され、書店でも大きなトレンドになりつつあります。

「韓国の本ってなじみがなかったけれど、これを機に読んでみようかな?」という方の、入門書としても、自信をもっておすすめできますよー!

ドラマの中の、あの推しを想像しながら読むもよし、

なんだかいろいろあって疲れちゃった日の終わりにページをめくるのもよし、

恋する人を想いながら……しみじみするのも、ものすごくアリかと……!

ぜひ、ゆっくりと、心の奥深くで味わいながら読んでいただきたい1冊です!!





嬉しいです。ありがとうございます。
69
マガジンハウス書籍部です。新刊・既刊に関するご案内・面白い読み物をお届けしたい。「試し読み」も続々更新予定です。https://magazineworld.jp/books/

こちらでもピックアップされています

試し読み
試し読み
  • 7本

マガジンハウスの話題書の「さわり」を読んでいただきたいマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。