見出し画像

シベリア鉄道の車窓から。旅のお供は腐れ縁の相棒とサントリー角瓶

2019年1月、極寒のシベリアに向かった男が二人。一人は『桶川ストーカー殺人事件 遺言』や文庫Xでも話題となった『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』で知られるジャーナリスト清水潔。もう一人は北京支局長などを歴任した元テレビマン、現在小説家として『消された文書』『潔白』といった社会派作品を世に送り出す青木俊である。

二人の馴れ初めについては、清水潔の最新刊『鉄路の果てに』をお読みいただくことにして、ここでは旅の写真を紹介したい(1点以外は清水潔による撮影)。

韓国ソウルまでは空路で、そこから38度線の国境まで移動。北朝鮮を遠望し、再びソウルからハルビンに飛ぶ。ハルビンでシベリア鉄道に乗り込みバイカル湖畔まで。かつて清水潔の父親が戦争で経験した道のりを、75年経った今、辿ってみようという旅である(経緯についてはこちらをお読みください)。

外に出掛けにくい今、写真で巡る韓国・中国・ロシアの旅をお楽しみあれ。

韓国38度線から北朝鮮を遠望する

38度線から北朝鮮を遠望する

中国ハルビンの氷まつり

氷まつり

日本軍が破壊した731部隊の跡

画像3

ハルビン駅からシベリアへ向かう

画像4

列車は朝方、小さな駅で停車

画像12

中国国内を行く食堂車にて。右から清水潔と青木俊

食堂車

注文してない卵とトマトの炒めもの。見た目より美味

トマト卵炒め

車内販売を物色

車内販売

変わり映えしない景色も時に美しい光に包まれる

朝を迎える

国境を越えてロシアへ

車窓から

窓の外はどこまでも広がる原野

原野

中露国境で新たに連結された食堂車はヨーロッパ調

ロシア車食

こちらが2泊3日を過ごしたボストーク号です

DSC02564のコピー2

シベリアのパリとも呼ばれるイルクーツク

イルクーツク

ロシアの餃子、ペリメニ

ペリメニ

氷結したバイカル湖

氷

鉄路の果てに見た夕日

夕日

父親が遺した地図を辿る旅

地図

詳しい内容はこちらまで

鉄路の果てにPOP



嬉しいです。ありがとうございます。
29
マガジンハウス書籍部です。新刊・既刊に関するご案内・面白い読み物をお届けしたい。「試し読み」も続々更新予定です。https://magazineworld.jp/books/

こちらでもピックアップされています

鉄路の果てに
鉄路の果てに
  • 15本

清水潔『鉄路の果てに』に関するマガジンです。

コメント (1)
コメントをありがとうございます!ぜひお読みいただけましたら嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。