志麻さんと一緒に作ろう

11

伝説の家政婦、志麻さんに教えてもらったキノコを美味しく食べる方法

サイドメニューこそ、家庭料理の底力かもしれない!

テレビでも大人気、伝説の家政婦として知られる志麻さんが作る料理は、本当にどれもおいしい。どこにでもある食材なのに、出来上がってくる料理が、今まで食べたものと全然ちがう。

お肉や魚の料理はもちろん、キノコなどのサイドメニューまで三つ星レベル。あんまりおいしいので、教えてもらったその日のうちに自分でも試してみたのですが、これが大成功。以来、スーパー

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
20

いつも食べてるバナナがスペシャルなおやつに! お子さんと一緒にトライしてみませんか?――続・伝説の家政婦・志麻さんのステイホーム応援プロジェクト

NHK「プロフェッショナル」で放送(2020/4/21)された志麻さんのご自宅の様子、ご覧になりましたか? デザートとして作っていたチョコレートムースまで、おいしそうでしたね。
さて、“ステイホーム”中のお楽しみといえば、「食べること!」という方も多いと思いますので、今回は、志麻さんから、バナナを使った2つのおやつレシピを紹介してもらいます。どちらも、と〜っても簡単なので、驚きますよ。

――では

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
40

おうちごはんを格上げ!何度でも食べたい絶品レシピ「鶏肉のコンフィ」――伝説の家政婦・志麻さんの“ステイホーム”応援プロジェクト!

家にこもって、社会貢献中のみなさん、伝説の家政婦・志麻さんの絶品レシピを試してみませんか? リモートワークの息抜きにキッチン仕事を組み合わせて、ストレスも解消! おいしいものを食べると元気になります。伝説の家政婦・志麻さんによる“ステイホーム”応援プロジェクト、開催中です。

――志麻さん、今日は何にしましょうか?

「鶏肉のコンフィはどうでしょう? 外側はパリッとしてて、中身はふっくら。とっても

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
23

またリピートしたくなる「桃のグラタン」とは? ――伝説の家政婦・志麻さんの“ステイホーム”応援プロジェクト! 子どもが大喜びする超簡単デザートを紹介します。

家にこもりっきりでストレスを溜め込みがちな今日この頃。お子さんも、お友達と遊べなくて、エネルギーが余っていたりしませんか? こんな時こそ、みなさん、お菓子作りです! 一緒に材料を計ったり、混ぜたりして、出来上がる時間を待つのも絶対に楽しい。

そこで今日は、伝説の家政婦として注目を集める志麻さんの「桃のグラタン」を伝授しちゃいます。
(実は、数日前、編集部に「もう何回も作っています。すごく簡単なの

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
25

マンネリから脱出! 伝説の家政婦・志麻さんの簡単カルパッチョで我が家の食レベルも急上昇。

志麻さんの“家ごはん応援プロジェクト” 2

こもりっきりの方も、おいしいものを食べれば、笑顔に! 今日は、志麻さんのレシピの中から、子どもでも作れるくらい簡単な、絶品「カルパッチョ」をご紹介します。

カルパッチョというと、お店で食べる特別なものと思っている人もいるかもしれませんが、それは思い込み! 志麻さんから教えてもらったら、あまりにも簡単なので担当もヘビーローテーションしています。

ポイ

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
15

伝説の家政婦・志麻さんの“家ごはん応援プロジェクト”! ーーハンバーグより手軽で簡単なミートローフ、その秘密は?

春休み中のお子さんを抱える方に、おすすめ!
伝説の家政婦・志麻さんが「ハンバーグより手軽で簡単!」と太鼓判をおす「ミートローフ」を、志麻さんからの‟家ごはん応援プロジェクト”としてお届けします!

おいしいものを食べると、誰だって笑顔になります。
いろいろ大変な状況におられる方もいると思いますが、食べて元気になりましょう(出典『志麻さんの何度でも食べたい極上レシピ』)。

ミートローフの作り方

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
20

伝説の家政婦#志麻さん のおやつレシピが「最高」な理由。-―絶品&簡単ガナッシュの作り方も紹介します

志麻さんの初おやつ本はこうして生まれた #4

さて、いよいよ撮影です。
スタイリストの大関さんが、素朴で可愛い食器をたくさん集めて運び込んでくれました。撮影場所を決め、カメラ機材をセットし、オーブンレンジもダブルで設置し、スタンバイ完了。一般家庭で電力をこれだけ使って大丈夫なのかどうかが心配でしたが、その時はその時です。

なんてったって作り手は、「伝説の家政婦」という異名を持つ志麻さん。
とに

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
16

伝説の家政婦#志麻さん の夢はパティシエ!?「実はお菓子作り名人だったんです」

志麻さんの初おやつ本はこうして生まれた#2

“伝説の家政婦”志麻さんは、食べることを楽しむライフスタイルをいろんな形で発信しています。

料理を作ってそれで終わり、ではなく、“食”が家族団らんのきっかけになればと腕をふるっているそうです。

志麻さんが、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場したとき、訪問したご家庭で、誕生日のお子さんのためにショートケーキを作っていたのを覚えている方はい

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
13

伝説の家政婦#志麻さん のとっておき。簡単いちごレシピの撮影裏話。

志麻さんの初おやつ本はこうして生まれた#3

志麻さんがNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場したときの反響は物凄いものでした(後から教えてもらいましたが、2018年の年間最高視聴率だったとか)。

その「プロフェッショナル」が、再び志麻さんを撮影!
と聞いたのが、ちょうどおやつ本の撮影に向けて準備をしているときでした。

試作中の様子を撮ってくださったと聞いて、小さくガッツポーズ!

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
16

伝説の家政婦#志麻さん が教えてくれる ヘビーローテーション確実のおやつ

志麻さんの初おやつ本はこうして生まれた#1

そもそも凄腕料理人である志麻さんが、なぜ“おやつ”の本を?
そんな質問をよくされるので、少し遡ってお話しします。

志麻さんと初めてレシピ本(『志麻さんの何度でも食べたい極上レシピ』)を作ることになって、メニューのご相談していたところ、たくさんの料理メニューとともに、クレープ、ミルフィーユ、クラフティなどのデザートメニューが上がってきたんです。

「子

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます。
19